無料ブログはココログ

« 会わなくても励まされる | トップページ | 映画『ボンジュール、アン』感想 »

2017年9月 8日 (金)

お節介おばさん

8月に東京の実家に下の娘と帰省し、また東京から家へ帰ってくるときのこと。

東京駅から新幹線のこだまに乗った。

東海道新幹線のこだまは、各駅停車である。うちの最寄り駅は基本的にこだましか止まらないので(たまにひかりも止まるがものすごく混んでいるのでまず利用しない)いつもこだまにお世話になっている。

新幹線に乗ったら通路を挟んだ隣の席に、若い20歳そこそこのカップルがいた。

すごく楽しそうに会話しているのが全部聞こえてきたのだが、どうも彼らはこれから大阪に遊びに行くらしい。

えっ・・・これこだま!各駅停車なんだけど・・・?

確かに新大阪行きには違いないが、各駅停車で大阪まで行ったら一体何時間かかるのだろう。

もう、この隣のカップルが気になって気になってな・・・

食べたいのはたこ焼きとー、お好み焼きとー、串カツとー、ととても楽しそうな二人。

東京駅を出発したのが午後4時頃。彼らが大阪に着くのは8時近くになるだろう。ああ、お腹すくよね・・・会話からして彼らは2時間くらいで着くつもりでいるが、それはのぞみに乗った場合だから・・・

もしのぞみに乗り換えるなら次の新横浜で降りないといけない。

これは教えてあげた方がいいのでは?と思ったが、私は「人に話しかける」という行為がものすごく苦手で、どうしても声がかけられない。

脳内でものすごい葛藤が始まる・・・

このままでも大阪着くじゃん・・・座って行けるし・・・新幹線間違えてるなんて言われたら男の子の面目が丸つぶれになってプライド傷ついちゃうかも・・・

いや、新幹線間違えてるっていつか気が付くしそれだったら早い方がいいよ・・・新横浜過ぎたらあと名古屋まで各駅は大変すぎるよ・・・

うわうわどうしようと私は一人であせり続け、そしてついに「まもなく新横浜ー」のアナウンスが流れて、ついに私は大阪のるるぶを開いて読んでいるその男の子に声をかけたのだった。

あの、大阪へ行くんですか?これはこだまで各駅だからものすごく時間かかりますから、次降りてのぞみに乗り換えた方がいいですよ・・・

彼らはびっくりして、「ありがとうございます!」と言って新横浜で降りていった。

しかしそのあとも、私は「声をかけてよかったんだろうか?」とうじうじ。

まあ・・・彼らが無事に大阪に着いて大阪観光を楽しんだと信じることにしよう。

私は、このように人に話しかけるという行為がものすごく苦手なんだけど、このときはなぜか背中を押されたのだった。

何に背中を押されたかというと、田口ランディさんのウェブマガジン「ヌー!」を前日に読んでいたこと。

ランディさんが座禅を禅僧の方に教わっていて、悟りとか空とかについて質問をしたときに、この村上光照禅師という方がおっしゃったことがなかなかすごくてすごく心に残っていたのだった。

人間がやることは眠ること、食べること、排泄すること。あとは穏やかに生きて人に優しく親切にする、それで十分。という話だった。

これ読んでなんだか目の前の霧が晴れたような、さわやかで穏やかな気持ちになれてなあ・・・

それで、隣のカップルが乗る新幹線を間違えているのを教えるか?どうするか?と迷っているときに、この「人に親切にする」という言葉がものすごくちらつき、ついに私の背中を押した。

思えば私も見知らぬ人からたくさんの親切を受けてきた。学生の頃一人旅をしたときも、私がぼーっと回送電車に乗り込んでいたら、わざわざ電車の中に入ってきて「この電車は回送ですよ!」と教えてくれた人がいた。レンタサイクルを借りて走ってたら雨が降ってきて、慌てて濡れながら返しに行ったらそこのおじさんが温かいココアを飲ませてくれた。

いろんな親切を受けてここまで来られたのだから、私もこれから他の人に親切を返していかないとなあ。

なかなか、自分から人に何かするって私にとってはすごく難しいことなんだけど、どんどんおばさん化が進行してずうずうしくなってきているので、私もいつか立派なお節介おばさんというものになれるかもしれない。楽しみである。

« 会わなくても励まされる | トップページ | 映画『ボンジュール、アン』感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会わなくても励まされる | トップページ | 映画『ボンジュール、アン』感想 »